自動車

メリットとデメリット

個人売買のメリットとデメリット

自動車

所有している車の売却先は、個人と車買取業者の2つに大きく分類されます。下取りという手段もありますが、下取りは、そこで新たな車を買うことを前提としています。ですから、純粋な売却とは言えないので、今回は除外します。 個人と車買取業者、どちらが高く売却できるのかというと、断然、個人の方が高く売却できます。なぜなら、中間マージンが一切かからないからです。ですから、中古車販売価格の相場の金額で売却することも可能です。 但し、いかんせん素人同士の売買となりますので、何らかのトラブルが発生してしまう可能性はあります。気持ち良く売却できる場合もあれば、嫌な気持ちで売却しなければならない場合もあり、最悪の場合、支払いをしてくれないことだってあります。

狙い目は買取と再販、両方行っている業者

トラブルのことを考えると、車買取業者に売却した方が賢明だと言えるでしょう。ただ、車買取業者に売却した場合、想像以上に低い金額での売却になってしまうことが往々にしてあります。 車買取業者は、中古車販売市場の相場に基づいた再販価格を予め設定し、そこから買取額を導き出します。ですから、中古車市場の相場よりも絶対に低い金額での売却になってしまうのです。 しかも、通常は車買取業者と再販業者は別になります。つまり、車が再販されるまでには、業者間での売買が行われているのです。そこでは当然、マージンが発生しますから、さらに買取額は低く抑えられます。 ただ、買取と再販の両方を行っている業者はあります。そういった業者は買取から再販までに通常あるプロセスを省略していますから、その分を買取額に反映させる傾向にあります。ですから、売却先を買取と再販、両方行っている業者にすれば、比較的高く売却できる可能性はあります。